読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう元AKB48には何人か「母親」がいるという真実

こんばんは、ヤマネです。

今日、育休中の先輩社員と、そのお子さんに会いました。

赤ちゃんかわいい。

 

出産とかは別世界のことだと思っていたし、赤ちゃんだっこするのとか怖すぎて出来なかったけど、

最近は自分が望んで、彼も望んで、恵まれれば(条件多いな…)出産も子育ても出来ることなんだなーと思い始めました。

 

AKB48は多くの女の子がいますが、卒業後に結婚・出産をした子もいます。

ドキュメンタリーにも登場していたけど、元7期生の小森美果ちゃん。

あと出産している子で思いつくのは、元2期生の大堀恵ちゃんと、元3期&7期の菊地あやかちゃんかな。

私がぱっと思いついただけでも3人。

結構いる印象だけれど、私が知らなかったり、支店も含めたらもっといるのかも。

 

出産の時期でいうと、

2014年6月 大堀恵ちゃん

2015年4月 菊地あやかちゃん

2015年夏ごろ 小森美果ちゃん。

 

そんなことをネットで見ていたら、

ついこないだ菊地あやかちゃん二人目産んでた。

びっくり。

 

2017年3月 菊地あやかちゃん(第2子)

 

AKB48では、そんな生き様も見られます。

個人的には

「バリバリ働いてた女性が結婚したあと、どう生きていくか」

が最近の大きな関心ごとでもあるから、彼女たちのことはとても気になります。

ブログとかのぞきに行こうかな。

 

そういえば、これもまたドキュメンタリーの話だけど、

元SKEの小木曽 汐莉ちゃんが「プロポーズしていただいて…」って映画内で婚約発表したのは、当時すごい衝撃だった。

別に推しでもないし、私女だし、アイドルの恋愛に対してはそこまで「絶対ダメ!!」とか思っていたわけではないのだけど(ただもちろんスキャンダルがないメンバーのが好き)、腹立たしかったし、圧倒的な敗北感のようなものを感じたのを覚えてる。

 

出産よりも、プロポーズとか結婚のが衝撃がでかいという不思議。